バンコク隣県の市場 「オレンジが腐っている」と苦情をいった客を射殺

バンコクの北隣パトゥムタニ県で11月17日午前8時ごろ、クロンルアン郡のマーケットでオレンジを売っている女が「腐ったオレンジを買わされた」と苦情をいった女性を射殺する事件が起きた。女は通報を受けて現場に急行した警察官に逮捕された。

女性は病院に緊急搬送されたが、胸部を撃たれており、死亡が確認された。女は取り調べに対し、女性が「オレンジが腐っていた」と訴えオレンジを投げつけるなどしたことから、激怒して所持していた拳銃を取り出して女性に向けて発砲したと罪を認めている。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る