カテゴリー:タイニュース

  • 付加価値税還付の上限を3万バーツにアップ

    国税局は外国人旅行者を対象とした利便性向上プログラムの一環として付加価値税(VAT)還付の上限を現在の1人当たり1万2000バーツから3万バーツに引き上げる予定で、これがタイを訪れる外国人観光客の増加につながることが期待…
  • 象11頭が滝に落ちて死んだことから当局が対策検討へ

    先にカオヤイ国立公園内で野生象11頭が滝に落ちて死ぬという出来事があった。これを受けて同公園内で当局に野生動物の保護などを求める男性がハンストを開始していたが、10月17日、国立公園野生動植物保護局が野生象を対象とした安…
  • 国境近くで3トンの魚を押収

    カンボジアと国境を接するサケオ県からの報道によれば、同県タプラヤ郡で警察がトラック2台で雷魚の一種を運搬していた男2人を逮捕したという。約3トンに及ぶ魚はカンボジアから無許可で持ち込まれたものとみられ、無許可での運搬と輸…
  • 戴冠祝賀行事の御座船パレードが延期

    今年5月の国王陛下戴冠を祝う行事の一環として10月24日午後3時30分から予定されていた御座船パレードが12月12日に延期されることになった。 ウィサヌ副首相が17日に発表した。パレードが挙行されるチャオプラヤ川の…
  • 北部や東北部で国立公園入園者が増加

    気象局は先に10月17日にタイが涼期に入ると発表したが、北部や東北部の国立公園では気温が下がって過ごしやすくなっていることから入園者が増加しているという。 北部チェンマイ県のドイインタノン国立公園では先の連休に通常…
  • 予算カットも商務省の優先計画に変更なし

    チュリン商務相によれば、商務省に割り当てられる今年度予算が7.7%、5億9900万バーツ減の98億1200万バーツとされる見通しだが、同省が優先的に実施しようとしている計画に変更はないとのことだ。 これらは、輸出促…
  • サムットプラカンで水路にワニの死骸

    バンコクに隣接するサムットプラカン県で10月16日、体長2メートルあまりのワニの死骸が見つかった。発見場所はプラプラデン郡の水路。 住民によれば、数日前から異臭がするため不審に思っていたところ、水路にワニの死骸が浮…
  • 深夜に商店に忍び込んだ僧侶 店主に撃たれて死亡

    東北部コンケン県からの報道によれば、10月16日午前3時ごろ、同県ウボンラット郡の雑貨店で店内で物音がするため目を覚ました店主がドア越しに店内に向けてショットガンを発砲し、ドアを開けてみると、男が血を流して倒れていた。 …
  • 河原に設けられたコンクリートの床 撤去作業がスタート

    南部ナコンシータマラート県ラーンサカー郡キーリーウォン村を流れる川の河原にコンクリートを流し込んで床状のものが設けられていることに対し、ネット上で「自然破壊」と強く非難する声が上がっていた問題で、これを設けたとされる付近…
  • 予算案の審議時間 与野党にそれぞれ3時間追加

    10月17日午前9時30分から3日間にわたって行われる今年度(今年10月-来年9月)予算案の第1読会について、与党議員と野党議員のとりまとめ役が16日、審議の進め方などを協議し、与党と野党に答弁と質疑のためそれぞれ3時間…
ページ上部へ戻る