オールドストリート バクテー(老街茶骨肉)タイ進出 第一号店を開店

2019-5-3

オールドストリート バクテーは2019年5月2日、タイで初めての支店をMBKセンター内にオープンした。同店はタイランド ベンチャーフード&レストランとのジョイントベンチャーによるもの。

2010年に開業したオールドストリート バクテーは、現在4都市にて22店舗の支店が営業している。オールドストリート バクテーはオールドストリート グループの傘下で、グループはこの他にも複数の著名なレストラン ブランド、本場の韓国料理を手掛けるココナラや伝統的な中華料理のナンヤン オールドストリート、軽食が取れるカフェ ロビーなども所有し運営している。

オールドストリート バクテーの看板メニューには、伝統的なバクテー(ポークリブ スープ)、ドライ バクテー、特性ソースで煮込んだ豚足、などがある。豚の骨のみを使ったスープは最低でも12時間煮たもので、健康に良いとされるコラーゲンを豊富に含み、中国揚げパン「油条」(ヨウティヤオ)は注文を受けてから揚げるので、揚げたてのカリっとした食感が楽しめる。なお全ての料理がMSGフリー。

ページ上部へ戻る