Envision Digital社、タイ石油公社(PTT)向けのAIoTスマートグリッド開発に乗り出す

2020-2-14

AIoT 技術における第一人者Envision Digital International Pte Ltd(シンガポール本社)はタイ石油公社(PTT)向けにスマートグリッドを開発することを発表。
この契約は新しいエネルギーとデジタルトランスフォーメイションについてEnvision Digital社とPTTの間で2019年4月に締結された了解覚書(MOU)を受けてもの。AIoTスマートグリッドはPTTが2015年に設立したウィタヤシリメティ科学技術大学院大学にて研究開発を行ない、PTTは2020年経営戦略の一部である二酸化炭素(Co2)排出量をゼロ増加を目指す。
AIoTスマートグリッド技術はPTTおよび主要なインフラ事業者、地域社会、企業などがエネルギー変換と効率化を導く大きな可能性を秘めている。タイ国が批准するパリ協定のCo2排出削減目標を達成するには炭素集約度の低いエネルギー源への移行が不可欠であるが、AIoTには精密で高度なエネルギー変換のまさに鍵となるうる技術が集約されている。また電気バリュ―チェーン、スマートシティ開発の研究活動を通して、Co2の削減のみならず、後々商業ベースでの活用が可能となることも期待されている。

詳細については
www.envision-digital.com

ページ上部へ戻る