タイ国政府商務省国際貿易振興局 (DITP)、アジア最大規模の総合ライフスタイル展示会、第5回 STYLE Bangkok を2019年10月に開催決定

2019-9-17

STYLE Bangkok展は10月17日から21日の期間BITECにて開催予定で、4,100㎡を超える大スペースに1,600ものブースが集結し、世界70か国から5万人の参加者、約20億バーツ分の発注を見込んでいる。当展示会はライフスタイル商品の最先進国としてタイ国の地位を確立し、3%以上の輸出成長を見込み、タイ国経済の安定性に欠かせないものとなる。
DITPのBanjongjitt Ansusingh取締役は、記者会見にて当局の役割として展示会を通して輸出を促進し、国際マーケットに浸透し、タイ国の経済を支えていくことと述べている。さらには新規の中堅中小企業を支え、既存のマーケットを維持する一方で、従来のマーケットを活性化し、新しい市場へと発展させていくことを目指している。
DITPは2017年に既存の3つの展示会BIFF&BIL、BIG&BIH、TIFFを統合し、STYLE展示会を開催。近年ライフスタイル関連商品がタイ国の主力輸出商品となっていることは統計をみても明らかで、2018年にはライフスタイル関連商品の輸出高は輸出総額の4.8%、123億1000万ドル(約4,000億バーツ)であった。

展示会には一般の人々から建築家、インテリア・デザイナー、デザイナーをはじめ、企業グループ、ホテル事業、レストラン、ギャラリーといった大規模プロジェクトにも幅広く対応するファッション、家具、ギフト、ホーム・デコレーション、家庭用品から子供向けやペット、高齢者向け商品などが出展される。さらにタイの起業家が原材料、生産品質、創造的なアイデアなどの部門で世界市場の需要に対応できることも証明している。展示会には800を超える大手ブランドが参加する予定である。

展示会は10月17日から19日まで3日間は業者向け、20日、21日が一般公開となる。
詳細については以下まで
www.stylebangkokfair.com
Tel. 1169
www.facebook.com/stylebkkfair

ページ上部へ戻る