WHAグループ、新型コロナウイルス感染者を治療する医療従事者支援へ CU-RoboCovid出資へ

2020-4-17

WHAグループはこのほど、チュラロンコン大学工学部により開発された「CU-RoboCovid」2台の資金援助を行った。
別名Pintoとして知られるこのロボットは、新型コロナウイルスの検査や治療の現場で、感染リスクを減らしながら医師や看護師をサポートすることができるとして全国の病院で使用されている。
Pintoはテレプレゼンス・システムを搭載し、遠隔での通信を可能とし、医療従事者と患者とのやりとりを最小限に抑えることで医療従事者への感染リスクを防ぐ。
WHAグループは、この危機の中、最前線で自らの命をかけて患者と向き合う医療従事者を今後も全力で支援していく。

ページ上部へ戻る