WHA、第69回全国学生アート アンド クラフト コンクール(障がい者枠)最優秀賞受賞者を祝福

2020-1-14

教育省第69回全国学生アート アンド クラフト コンクール(障がい者枠)最優秀賞受賞のチャニダ・プーチャートサイさんを祝福するWHA PCLコーポレート・マーケティング部長のシヤパス・チャンタチャイロート氏(左から二人目)

WHA主催のアート・キャンプに2年前参加した経験をもつチャニダさん。今年はチョンブリ県にあるバーン・カオ・ヒン学校の代表として教育省主催の全国学生アート アンド クラフト コンクールへ作品を出展し、見事に最優秀賞を獲得した。

今年度のコンクールの主題は「One Nation, Many Cultures(1つの国家と多数の文化」。チャニダさんは敬愛する国王ラマ9世を絵の中心に描き、その周りにタイの伝統行事や地域ごとの活動を描くことにより、人々が様々な異なる人生を送りながらも、一つとなって結束して生きることが出来ることを表現したかったという。

アート・キャンプは2009年よりWHAグループ傘下のインダストリアル・デベロップメント社により始められた学生の芸術活動を支援する活動。芸術への造詣を深め、個々の創造性を伸ばすことに主眼をおき、東部経済回廊(ECC)近郊に住む人々の生活をより豊かなものにすることを目的としている。

WHA PCLコーポレート・マーケティング部長のシヤパス・チャンタチャイロート氏は「我々は2017年のアート・キャンプに参加したチャニダさんが、この度の教育省主催全国コンクールで最優秀賞を受賞したことを大変うれしく思います。」と述べている。「今回の受賞は我々の続けてきた活動の成果を裏付けるもの」としている。

30年以上に渡って、WHAインダストリアル・デベロップメント社は企業の社会的責任を担うプログラムの一環として、工業団地近隣の学校に向けて多くの支援活動を行っている。
2019年には生徒と教師向けに3つのアート・キャンプを開催、アート・キャンプにはこれまでに延べ6,800人が参加している。

ページ上部へ戻る