タイ人になりすまして身分証明カード取得の外国人を逮捕

タイ警察当局によれば、旅行業を営むことはタイ人にのみ許されていることから、バンコクで旅行ビジネスを行おうとした外国人が他人の個人データを使いタイ国民であることを示す身分証明カードを取得しようとして逮捕された。

この外国人の国籍はまだ特定されていないが、タイで生まれたことを示す証拠はなく、警察では中国人である可能性が高いとしている。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る