第3四半期の経済成長が減速 公共投資・輸出が伸びず

政府のシンクタンクである国家経済社会開発委員会(NESDB)は11月19日、今年第3四半期(7~9月)のタイ経済成長率が3.3%にとどまり、第2四半期の4.6%を下回ったと発表した。

第2四半期から第3四半期への増減率の変化は、家計消費が4.5%から5%、民間投資が3.2%から3.9%にそれぞれ上昇。一方、公共投資は4.9%から4.2%に下降している。輸出も6.8%から0.1%へと下降した。

今年と来年のタイ経済成長率についてNESDBはそれぞれ4.2%、3.5~4.5%との見通しを示している。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る