スダラット女史 党大会で次期首相を目指すと明言

タクシン元首相が設立したタイ愛国党(1998-2007年)の重鎮の1人だったスダラット女史(61)は9月9日、タイサーンタイ党の党大会で党首に選出されたのを受け、「首相の役割を果たす用意がある」「国民第一の憲法制定を目指す」と明言した。党大会では副党首が11人選出されている。タイサーンタイ党は同女史が中心になり2020年11月に設立された政党。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る