警察病院入院中のタクシン元首相を次女ら親族が見舞う

15年に及ぶ事実上の亡命生活に終止符を打ちタイに帰国して逮捕、最高裁判所から禁錮8年を言い渡され現在警察病院に入院中のタクシン元首相(74)を8月28日、次女でタイ貢献党幹部のペートンターン氏が見舞った。元首相は28日から親族や関係者の面会が許可された。面会が可能な時間は午前9時から午後3時。ペートンターン氏は父親に45分ほど面会した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る