固定資産税導入法案 11月にようやく第2読会 実現に向け大きく前進

立法議会(NLA)の常任委員会で10月30日、土地や家屋など固定資産に課税するための固定資産税導入案が承認された。これで固定資産への課税が実現に向けて前進したことになる。

同案は昨年3月にNLAの第1読会を通過した後、常任委員会で検討されてきたが、1年半ほどを経てようやく委員会の承認を得ることができた。

今後第2読会と第3(最終)読会が行われることになるが、第2読会は11月に行われる見通し。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る