自転車レース参加の男性をはねて死なせたドライバーを国境で逮捕

タイ中部チャチュンサオ県で10月23日に自転車の長距離レースに参加していたフィリピン人男性がひき逃げされた事件で、警察当局は26日、容疑者であるバンの運転手の男(29)を東部サケオ県で逮捕したと発表した。

容疑者はバンに乗客を乗せてサケオ県とバンコクの間を行き来する仕事をしていたが、23日はバンコクからの帰り道のチャチュンサオ県内で赤信号を無視して交差点に入り、自転車で走行中の男性をはね、そのまま逃走した。

容疑者はカンボジアと国境を接するサケオ県からカンボジアに逃げ込もうとしたところを逮捕された。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る