追突・ひき逃げ事故で妊婦が死亡 夫が迅速な捜査を警察に要請

バンコク都ミンブリ区で6月21日午後10時ごろ、乗用車がオートバイに追突しオートバイの後部座席の妊娠5カ月の女性(21)が道路に投げ出された後、この乗用車にひかれて死亡した事故で、この女性の夫(19)がこのほど、警察当局に対し、速やかに乗用車の運転者を特定して逮捕するよう求めた。

女性は事故後すぐに病院に搬送されたが、数時間後に死亡。また、警察によれば、乗用車は現場から8キロほど離れた場所に乗り捨てられており、運転者がそこからタクシーに乗ったことが判明している。

ただ、自動車の登記情報から乗用車は4年ほど前に転売され、購入者の男性が今年4月に死亡したことなどがわかったが判明しているが、誰が乗用車を運転して事故を起こしたかはまだ特定できていないとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る