民家からの押収肉は「ニセ牛肉」 レストランやネットに流通

畜産局によれば、バンコクに隣接するナコンパトム県ナコンチャイシー郡で10月に民家から押収した100キロを超える牛肉のような肉について当局が分析を行った結果、牛肉に見せかけた豚肉であることが判明した。

牛肉の方が豚肉より高く売れることから豚肉を豚の血に漬け込むことで赤みを強くして牛肉に見せかけていたという。ニセ牛肉はバンコクのレストランなどにバーベキュー用牛肉として卸されており、インターネットでも販売されていた。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る