バーツ高高進でブランド品密輸入増 関税局による6月押収量は通常の倍以上

関税局によれば、6月の1カ月間で45回にわたりブランド品の密輸入を摘発し4290万バーツ相当のブランド品を押収。通常の月間押収量は2000万バーツ相当のため、実に2倍を超える数字となった。

同局首脳によれば、バーツ高が進んでいることで相対的に外国製品が安くなり利ざやが大きくなっていることからブランド品密輸で儲けようとする者が増加しているとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る