政府が中国人観光客を増やす優遇措置を検討中

タイを訪れる中国人観光客数の減少を受けて関係当局が中国人をタイに呼び込むための優遇措置の導入を検討している。例えば、ウィラサク観光スポーツ相は6か月間に2度タイに入国・滞在できるビザの発給を提案しており、近く閣議に諮る予定という。

タイを訪れる中国人の減少は中国人の対タイ感情を害するような複数の事故や事件がタイで起きていることが原因とされるが、そのひとつ、ドンムアン空港の警備員が中国人旅行者に暴力を振るった事件ついて、ウィラサク観光スポーツ相は、「タイのイメージが試されている。すべての関係者とりわけタイの玄関である空港で旅行者を出迎える人々は業務やサービスの改善に努力しなければならない」としている。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る