タイ航空がまた出発遅延 ネット上で不手際批判される

タイ国際航空(THAI)は先にスイスのチューリヒでタイに帰国する操縦士の席をファーストクラスに確保するため乗客ともめバンコク行きのフライトの出発が約2時間遅れ批判を浴びたばかりだが、10月27~29日にも3度遅延。ネット上には複数の乗客からの不満の声が投稿された。

そのうち中国広州市からバンコクに向かうフライトについては、10時間も出発が遅れた末にフライトがキャンセルになったという。乗客によれば、待たされている間、何も説明がなく、食事も提供されなかったという。

このほか、大阪発バンコク行のフライトとフランクフルト発バンコク行のフライトでも遅延した。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る