タイ版FBI 不正調査チームに灰色職員5人が紛れ込む

法務省特別捜査局(DSI)のスリヤ局長代行は1月19日、先ごろ設置したばかりの情報収集分析チームを解散することを決めた。これはチームのメンバー5人が、DSI職員が金銭と交換に複数の容疑者を勝手に解放したという事件に関与していることが判明したため。同局長はまた、「5人の容疑についても警察の調査委員会に調査をスピードアップするよう指示した」と説明するとともに、「調査によってさらに多くのDSI職員の関与が判明した場合、当該職員は処罰されることになる」と明言した。

特別捜査局(DSI)はタイ版FBIと称され、解決の難しい事件などを担当している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る