新型コロナ 新規感染91人 累計1136人 タイ保健省(3月27日発表)

タイ保健省は3月27日、全77都県中52都県で確認された感染者が91人で累計感染者数が1136人に増加し、また新たに感染者1人が死亡して累計死者数が5人に増えたと発表した。

5人目の死者は、南部ナラティワート県スンガイコロク郡出身の50歳男性で、マレーシアで小規模な集団感染が起きたとみられる宗教行事に参加したあとに発症し、11日から入院していた。

また、国立マヒドン大学シリラート病院医学部のプラシット学部長によれば、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるべく非常事態宣言が発出されたことなどで感染者が比較的多く確認されていたバンコクから大勢の人が地方に帰郷することになったが、これに伴い感染拡大が地方に波及し、この2週間ほどのうちに全国で感染者が約2000人増える可能性があるという。

このような感染者増加が現実のものとなった場合、重症者も増加すると予想されるため、とりわけ地方では医療従事者、病床、医療機器が足りなくなって死者が増加することが懸念されるとのことだ。

このほか、タイ外務省によれば、ニューヨーク在住のタイ人男性2人(ともに50)が新型コロナウイルスに感染して先ごろ死亡したとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る