新型コロナ感染予防点鼻スプレー 10月1日からタイで市販予定

国立チュラロンコン大学の研究者が開発した、新型コロナウイルス感染リスクを低減させるという点鼻スプレー「VAILL CITITRAP Anti-Cov Nasal Spray」が10月1日からタイで市販される予定だ。タイの化粧品メーカー、ロジュキス・インターナショナル社の子会社ハイバイオサイ(Hibiocy)社が製造販売する。

鼻腔内の粘膜から新型コロナウイルスが体内に侵入するのを約6時間防ぐことができ、1日に3回まで使用可能という。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る