タイ入国時のPCR検査を5月から廃止

タイを訪れる外国人を増やして観光産業の再生に拍車をかけるため、入国時に外国人に義務づけられているPCR検査を5月から廃止、代わりに抗原検査を実施するという保健省案が4月8日に開かれた新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)の会議で承認された。PCR検査廃止に伴って入国時に混乱が起きないよう入国審査などに携わる空港職員も増やされる予定という。

サティット副保健相は、「PCR検査ではホテルに泊まって結果が出るのを待つ必要があるものの、抗原検査では15~30分もしないうちに結果が判明する。これによってタイを観光する外国人が増加してタイ経済の回復に役立つことになる」と話している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る