新型コロナ感染者増加 病院が専用病床を再開

タイ保健省疾病対策局によれば、新型コロナはここに来て検査で陽性となる人が増加していることから、新型コロナ感染者専用の病床を再開する病院が増加している。新型コロナ感染者が病院の病床に占める割合は10月が5%だったが、今月は8.5%ほどに上昇しているという。

同局のソポン副局長は、「国内各地で感染者が増加しているため、病院が新型コロナ感染者用の病床を確保せざるを得ない状況となっている」と説明している。

なお、国立チュラロンコン大学ウイルス学研究所のヨン所長によれば、新型コロナは今や季節性インフルエンザのような疾患に近づきつつあり、今後毎年のように6~9月ごろと11~2月ごろに感染者が増加する可能性があるとのことだ。

アーカイブ

ページ上部へ戻る