タイ保健相 「訪タイ中国人が急激に増加することはない」

タイの観光業界では中国のゼロコロナ政策解除によるタイを訪れる中国人旅行者の増加とそれに伴うタイの観光業の回復加速への期待が高まっているとされるが、アヌティン副首相兼保健相は12月29日、訪タイ中国人が急速に増加することはないとの見方を示した。これは中国当局がいまだに自国民を対象に出国時と入国時の新型コロナ検査の実施を義務づけていることなどによるもの。また、中国では国民のほとんどが少なくとも3回ワクチン接種を受けているほか、これまでの感染で抗体を持つ人が多いと予想されることもあり、タイとしては中国人にタイ入国の前後にワクチン接種を義務づけることはしないとのことだ。中国人を特別扱いすることはなく、ほかの外国人と同じ感染対策が求められるだけという。

このほか、アヌティン保健相によれば、中国シノバック製ワクチンを3回接種した中国人については希望者に有料でアストラゼネカ製ワクチンを接種することも検討中。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る