COVID-19対策センター、規制緩和第2弾の手引き配布

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策センターでは5月17日から始まる規制緩和第2弾のうち市民生活に関係の深い項目をまとめた手引きを公表した。

【誰にでも分かる規制緩和第2弾】
5月17日から実施される規制緩和第2弾は以下の通り。

①夜間外出禁止 午後11時~翌午前4時

②公共の利益となる場合のみ学校・教育施設が利用可(授業は不可)

③規制緩和対象となる施設・サービス
〈経済・生活分野〉
◇レストラン・フードコート・フードセンター・食堂(パブ・バーは除外。酒類販売禁止)
◇デパート・ショッピングセンター・コミュニティーモール
◇小売店・卸売店・大規模卸市場
◇福祉・介護施設(宿泊のみ)
◇撮影(スタッフは50人以下、観客の参加不可)
◇会議場・ホテル内会議室(参加人数が確定している組織・団体による会議に限定)

※以下の店舗の営業は午後8時まで
〇商品販売およびサービスを提供する店舗
〇飲食品を販売する店舗
〇美容院・理髪店(カット・セット・ネイルのみ)

※以下の施設は営業停止を継続
〇娯楽施設・映画館・ボーリング場・ゲームセンター・スケート場・ローラーブレード場・遊園地・プール・動物園・スヌーカー&ビリヤード場・フィットネス(ショッピングセンター入居施設)・タイマッサージ・足マッサージ・学習塾・宗教関連品販売店・会議場(同)

〈スポーツ・健康・リクリエーション分野〉
〇美容クリニック・センター、ネイルショップ(ボディーおよびスキンに対する施術のみ。顔面は不可)
〇フィットネスセンター(ショッピングセンター内の施設は営業不可。フリーウエイトおおびヨガは可であるが、マシン使用・グループレッスンは不可)。室内運動場(バトミントン・セパタクロ―・卓球・スカッシュ・体操・フェンシング・ボルタリング・水泳など接触プレーのない種目のみ実施可。チームで行う種目は1チームの人数を3人以下とする。観客席設置は不可)
◇植物園・フラワーガーデン・博物館・学習センター・歴史的施設・公共図書館・美術館・

※以上いずれの施設も厳格な感染防止策の実施が義務付けられる

関連記事

ページ上部へ戻る