タイ版FBI職員約100人が自宅待機 同僚が新型コロナ感染

タイ版FBI(米連邦捜査局)と称される法務省特別捜査局(DSI)のトライヤリット局長代行によれば、DSIの職員約100人が新型コロナウイルスに感染した恐れがあることから自主隔離を命じられた。

同局の職員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたことに伴う措置で、この感染者と接触した可能性のある職員約100人が4月14日まで自宅待機、在宅勤務となった。

関連記事

ページ上部へ戻る