新型コロナワクチン 保健相が治験第1号に名乗りを上げる

新型コロナウイルスのワクチンを作り出すための研究などが世界中で進められているが、アヌティン保健相がタイで開発されたワクチンの臨床試験において最初に接種を受ける意向という。

タイではワクチンを猿に接種する段階に来ており、次の段階では人に接種する臨床試験が行われる。先に開かれた政府首脳の会議で、プラユット首相が臨床試験に参加する人はいないかと尋ねところ、保健相が名乗りを上げたとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る