タイ外務省 6タイプの外国人のタイ入国制限を緩和

新型コロナウイルス感染症対策センターは6月29日、6タイプの外国人について制限を緩和してタイ入国を認めるとした外務省案を承認した。これらは、労働許可証保有者およびその配偶者や子供、タイ人と結婚した者や親の一方がタイ人の者、タイでの居住許可を得ている者、医療目的の者と付添人、学生と保護者、ビジネス目的の者や特殊技能を有する者、運送業者などとなっている。

また、日本、中国、韓国、香港からの入国者については、政府が用意したホテルに自費で滞在する自己隔離が求められる見通しだ。

関連記事

ページ上部へ戻る