エジプトで新型コロナ感染のタイ人学生が死亡

在エジプトのタイ大使館によれば、アル・アズハル大学に留学していたタイ人学生(26)が新型コロナに感染し、首都カイロの病院で死亡した。大使館は7月24日に学生が重症で病院に入院したとの情報を得ていたもので、29日に病院から学生死亡の連絡を受けたという。

また、保健省疾病対策局のタナラック副局長は29日、新たに帰国者1人の感染が確認されたと発表した。累計死亡者数と重症者数に増加なし。新規感染者は、ハワイで行われた米軍との合同軍事演習に参加して帰国したタイ人の軍人。発熱、鼻水、筋肉痛などの症状があったことから検査を受けて感染していることが判明した。

これで同演習に参加したタイの軍人の感染者は合計9人となったことからタイ軍はこの先しばらく外国で実施される合同軍事演習などにタイ兵を派遣しないことを決めた。

関連記事

ページ上部へ戻る