タイ民間航空事務所 「旅客機のタイ乗り入れ制限を継続」

タイ民間航空事務所(CAAT)は8月13日、多くの国で依然として新型コロナウイルスが猛威を振るっているため民間航空機のタイ乗り入れ制限を継続すると発表した。

チュラ所長によれば、新型コロナウイルス感染症対策センターが海外の状況を検討した後、乗り入れ制限が解除される見通しという。

なお、タイでは今でも毎日のように新規感染が報告されているが、すべて外国人の入国者とタイ人の帰国者であり、タイ国内での感染確認は2カ月以上報告されていない。

関連記事

ページ上部へ戻る