マレーシアでタイから帰国した男性の感染確認 バンコクに滞在

保健省疾病対策局のタナラック副局長によれば、バンコクを訪れた後、8月5日にマレーシアに帰国したマレーシア人男性(46)の新型コロナ感染が判明したことから、タイ保健当局がタイにおける男性の行動などを調査している。

男性は最初の検査では陰性だったが、2度目の検査で陽性との結果が出た。同副局長によれば、男性は無症状で、また、バンコク滞在中はコンドミニアム内にいてほとんど外出していなかったという。

関連記事

ページ上部へ戻る