プーケットでの外国人観光客受け入れ コロナの市中感染確認で延期か

タイ政府は10月から世界的に知られた観光の島であるプーケットに外国人観光客を受け入れ、これをタイ経済立て直しのためのモデルケースとすることを計画しているが、タイ国政府観光庁(TAT)のユタサク総裁によれば、約3カ月ぶりにタイ国内で新型コロナ感染が確認されたことから、計画の開始が先延ばしされる可能性が出てきた。

観光スポーツ省が打ち出した同計画では観光業ひいてはタイ経済の再生のため、まずプーケットがオーストラリアとニュージーランドから旅行者約200人を受け入れることになっている。ただ、タイ国内で感染再拡大が起きた場合、この計画を当初の予定通りに推進するのは難しいとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る