タイ保健省 タイ入国後の隔離期間の半分短縮を検討

タイ保健省では、新型コロナ感染率が非常低い国からの渡航者についてはタイ入国後の隔離期間を半分に短縮することを検討しているが、同省疾病対策局のタナラック副局長によれば、隔離期間を半分にする場合はタイ入国者からの感染拡大を効果的に予防すべく検疫システムの見直しなどが必要という。

外国人観光客の受け入れ再開については、政府が先に10月初め中国から観光客を乗せたフライトが乗り入れる予定としていたが、これは諸事情のため延期されることになった。

関連記事

ページ上部へ戻る