ミャンマー国境での入国管理を強化 ミャンマー人運転手3人に陽性反応

ミャンマーと国境を接する西部ターク県では、入国検査でミャンマー人3人の新型コロナ感染が確認されたことから、国境貿易の拠点である同県メーソート郡の国境検問所が入国管理を強化している。

感染が発覚した3人はトラックの運転手。ミャンマーから物資を運んできたトラックについては指定された場所でのみ荷下ろしが許可されているという。なお、ミャンマーに関しては、近隣国の中でも感染者増加が目立っており、タイ当局は同国からの入国者によるタイ国内での感染拡大に警戒感を強めている。

関連記事

ページ上部へ戻る