新型コロナ 空港検疫で13人に陽性反応 10月15日発表

新型コロナウイルス感染症対策センターは10月15日、空港検疫で新たに13人の感染が確認されたと発表した。新規感染者はレバノンから来たシリア人医師(33)、オランダから戻ったタイ人女性(27)、イタリアから戻ったタイ人女性(31)、南スーダンから戻った軍人3人(33、46、53)、病気治療のためタイに来たエチオピア人男性(66)、ミャンマーから来た6人の合計13人。また、陸路で入国した運転手などミャンマー人3人の感染が確認されたが、これら3人はミャンマーに戻って病院に入院したという。

関連記事

ページ上部へ戻る