タイ保健当局が説明 「タイのインフルワクチンは安全」

韓国では最近、80人以上がインフルエンザワクチンの接種を受けたあとに死亡しており、接種との因果関係が取りざたされているが、保健省食品医薬品局(FDA)はこのほど、タイで接種されている輸入インフルエンザワクチンは韓国のものとは異なり、安全であるため心配はいらないと説明した。

同局幹部によれば、タイで使用するワクチンはすべて保健省医学局が検査、認証してから、FDAが使用を認可するという手続が執られているとのことだ。

なお、報道によれば、韓国の保健当局は、接種後に死亡した人のうち72人については接種との因果性が低いと判断しているという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る