タイ南部で新型コロナ感染のインド人 濃厚接触者は79人

南部クラビ県で先に労働許可証取得のために健康診断を受けたインド人男性(37)の新型コロナ感染が確認されたが、保健省疾病対策局によれば、男性の接触者は290人にのぼり、うち79人は濃厚接触者で感染している可能性が高いとのことだ。

これまでのところ男性の同居人は、妻を除き全員が検査で陰性だったというが、同局は接触者に対し健康状態に注意し、異常があれば医療機関を受診するよう呼びかけている。

男性は現在、クラビ病院の陰圧室に入院し、治療を受けている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る