ハンガリー大使館職員がコロナ検査で陽性 訪タイした大臣から感染か

タイ保健当局は11月10日、バンコクのハンガリー大使館に勤務するハンガリー人職員1人が新型コンロナウルイスに感染していることが確認されたと発表した。

1週間ほど前にタイを訪れたハンガリーの外相が入国後の検査で新型コロナ感染が判明しすぐに帰国することになったが、今回感染が判明した大使館員は外相と会食しており、この際に感染した可能性が高いという。

なお、外相の感染が発覚した直後、接触があった人々の検査が行われたが、全員が陰性だった。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る