保健当局が18日に強制隔離期間短縮案を検討 小委員会は消極的

新型コロナの感染拡大を防止するため、タイに入国する外国人や帰国するタイ人に義務づけられている強制隔離の期間について、新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は11月18日に現行の14日から10日に短縮する案を受け入れるべきか否かを検討する予定だ。

ただ、同センター小委員会は16日の会合で複数の懸念材料があるとして隔離期間短縮に関する決定は年明けまで延期すべきとの点で意見が一致している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る