新型コロナ ピチット県で数百人が検査を受けるため病院に殺到

ミャンマーから帰国したタイ人女性10人の新型コロナ感染がこれまでに判明しているが、そのうち中部ピチット県出身の女性(25)が同県に戻り飲食店2軒に立ち寄っていたことから、同じ時期に同店および周辺を訪れた数百人が感染したのではないかと恐れ、コロナ検査を受けるためピチット病院に詰めかけた。

検査を受けに病院に人が集まりだしたのは12月2日の夕方。3日には検査目的の来院者が合計500人を数えたという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る