軍の病院が感染者受け入れを準備 病床不足に備える

国防省のコンチープ広報官は3月30日、新型コロナウイルスの感染者が増加していることから、軍の病院に対し感染者の受け入れ準備を整えるよう要請したと明らかにした。この要請に応えてアピラット陸軍司令官は国内の陸軍運営の医療機関に対し感染者の受け入れる準備を開始するよう指示したとのことだ。

これまでのところ感染者は国が運営する病院に入院することになっているが、これらの病院で病床が足らなくなった場合、軍の病院が感染者を受け入れることになる。

また、国軍によれば、軍では感染拡大の予防に向けた活動を展開しており、布製のマスクも生産して市民に配布しているとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る