タイ私立病院がコロナワクチン接種予約受付 保健当局が中止命令

バンコク都バンケン区にある私立病院が12月26日にモデルナ社の新型コロナワクチンの接種を受けるための予約受付を開始したとの広告を出したことが大きな問題となり、保健省食品医薬品局(FDA)は翌27日、直ちに広告をやめるよう病院に命じた。

モデルナのワクチンはすでにカナダで承認されているものの、タイではまだ承認されていない。広告によれば、ワクチン接種料は6000-1万バーツで予約金は4000バーツ、来年10月に接種を受けられる見通しという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る