ラヨン県 越県移動許可を求めて市民が役所に殺到

新型コロナの感染拡大を阻止すべく感染リスクが極めて高いとされた、中部サムットサコン県と東部のチョンブリ、ラヨン、トラート、チャンタブリ4県の計5県では県境をまたいでの移動が原則禁止となったが、他県への移動が必要な人々が移動許可を取得するために役所に殺到している。

ラヨン県ムアン郡(県庁所在地)では1月7日、許可を得るために100人以上が役所に詰めかけた。その1人である生鮮野菜を扱っている業者の男性(69)は、「新型コロナに感染するのも、法律を破って処罰されるのも両方怖い」と話していた。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る