バンコク都庁 日本人感染者3人のタイムラインを発表

バンコク都庁は1月11日、在タイ日本人3人の新型コロナ感染が確認されたと発表した。3人とも年末にチョンブリ県シラチャ郡のホテルに宿泊し、レストランやカラオケ店などに立ち寄っていた。当局が発表した3人のタイムラインは以下の通り。

■Aさん(会社員)
12月30日 チョンブリ県シラチャ郡のらーめん居酒屋「大吉」、「酒の店」(シラチャ店)で食事後、「ハーレムカラオケ」に移動。31日 ローイ島からフェリーでシーチャン島観光。バンコク都ワタナ区の自宅に戻る。1月1日 「バンコク・ゴルフ・クラブ」(パトゥムタニ県)でゴルフ、都内トンロー区の「馬酔木」で昼食後、帰宅。1月2日 「UFMフジスーパー4号店」(スクムビット49)で買い物。1月3日 発熱・喉の痛みなどの症状。1月4日 コロナ検査後、帰宅。1月5日 陽性が判明し入院。

■Bさん(会社員)
12月30日 「シタディーン・グランド・セントラル・シラチャ」に宿泊、「酒の店」(シラチャ店)で食事後、「ハーレムカラオケ」に移動。31日 ローイ島からフェリーでシーチャン島観光。「大吉」で食事後、カラオケ「MANAMI」に移動。1月1日 プラカノン区の自宅に帰宅。1月2~3日 終日自宅。4日 サムットプラカン県内の企業に出社、コロナ検査後帰宅。5日 陽性が判明し入院。

■Cさん(技術職)
30日 チョンブリ県シラチャ郡の某企業で仕事をした後、日本食店「SHIBUYA」で昼食。「サマーセットハーバービューホテル」に投宿後、「焼肉トラ」で夕食。「ハーレムカラオケ」に移動。31日 「ロビンソンデパート」のユニクロ、トップス入店、「大吉」で食事後、カラオケ「MAIKO」に移動。1月1日 ツアーバスでバンコクに戻る。2日 終日ワタナ区の自宅。3日 「ロイヤル・レイク・サイド」(チャチュンサオ県)でゴルフ、帰宅後「UFMフジスーパー4号店」(スクムビット49)で買い物。4日 バンコク都内の企業で仕事中に知人の感染を知り、病院で検査をして帰宅(無症状)。5日 陽性が確認され入院。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る