バンコク都庁 13業種の営業制限を緩和 1月22日から

バンコク都庁は1月21日、バンコクの感染状況に改善がみられるとして、13種のビジネスについて22日から制限措置を緩和することを決めた。これらは、インターネットカフェ、高齢者養護施設、美容院、宴会場所(300人以下で食事は弁当のみ可)、スポーツクラブ、スパ、タイ式マッサージ店、フィットネスセンター(トレーナーによる指導は不可)、ボーリング場、ダンススタジオ、武道道場など。バーやマッサージパーラーなどの歓楽施設、ムエタイスタジアム、遊園地、教育施設などは引き続き休業となる。

一方、保健省食品医薬品局(FDA)のパイサン事務局長はこのほど、イタリアで生産されたアストラゼネカ製ワクチンの緊急使用を承認したことを明らかにした。5万回分が2月にタイに届けられる予定という。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る