新型コロナ タイでこれまでに10万人以上に検査実施

新型コロナウイルス感染症対策本部によれば、タイでは今年2月から4月10日までに新型コロナウイルスの感染を調べる検査を合計10万498人に実施したが、感染拡大が収束するまでは検査はこのペースで継続される予定という。

また、同本部のタウィシン広報担当は「重症の感染者の治療費は1人当たり100万バーツ程度に達しているとみられる。このような重症者は現在、全国で48人に上り、37人が国立病院、残り11人は私立病院に入院している」と報告した。

関連記事

ページ上部へ戻る