新型コロナワクチン タイで初めて保健相に接種

タイに届けられた中国のシノバック社製新型コロナワクチンが2月28日朝、プラユット首相同席のもとにアヌティン副首相兼保健相にタイで初めて接種された。

同ワクチンは適用年齢が18-59歳とされており、66歳のプラユット首相は「タイでの接種第1号」になる用意があると述べていたものの、接種対象から除外されることになった。

なお、首相は英アストラゼネカ社製のワクチン接種を受ける予定だ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る