「チェンマイ県でVIPに優先的にワクチン接種」 首相が噂を否定

北部チェンマイ県で新型コロナワクチンが上級国民(VIP)に優先的に接種されているとの噂が流れているが、プラユット首相はこのほど、「ワクチン接種でVIPを優待している事実はない」と明言した。保健省もVIP用ワクチンなどは存在しないとしている。

関係筋によれば、噂の出どころは「VIPはチェンマイの病院で優先的に接種を受けられる」とするネット上の書き込みだが、この書き込みには詳細が記されておらず、2日に削除された。なお、チェンマイ県では1日からワクチン接種が開始されており、1日当たり1450人に接種することが目標となっている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る