タイ最南部の刑務所でも集団感染 受刑者との面談は1か月間禁止

矯正局によれば、タイ最南部ナラティワート県の刑務所で受刑者ら112人の新型コロナ感染が確認されたことから、5月5日まで国内のすべての刑務所で受刑者への面会が禁止されることになった。ただ、対面での面会は禁止だが、スマートフォンによる会話、刑務所職員を通じて差し入れすることや金銭を手渡すことは可能だ。

この面会禁止期間中、刑務所外での受刑者の労働は中止され、新規入所の受刑者は14~21日間隔離される。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る