タイで医療従事者512人が感染 4月1日~5月7日

新型コロナウイルス感染症対策センターによれば、今年4月1日から5月7日までに合計512人の医療従事者が新型コロナウイルスに感染したという。感染者が訪れた病院などで症状を正確に伝えず、対応した医療従事者が感染の恐れのあることを知らずに感染者に接したというのが主な理由とのことだ。

また、感染した医療従事者512人のうち、症状が出たのが56%に当たる285人で、これまでの感染拡大の波に比べて無症状者が少ない傾向にあるのが特徴だ。感染者の内訳は、看護師が最も多く全体の35%、次いで医師が10%、歯科医師が5%など。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る